近方視野が更に広くなったレンズ体験談

0
    遠近両用各種、新世代の中近両用、近々両用など、いろいろなタイプのレンズを使い分けていますが、最も新しい近々レンズを購入して試してみたのでご案内します。
    レンズは、ニコンから発売されたソルテスワイドという商品です。
    元々、近々両用として発売されていたソルテスという商品の設計やバリエーションを改良したものです。
    使ってみての感想は…
    ●とにかく手元視野は広いです
    左手前に資料などの印刷物を置きながらパソコンをする場面が多いのですが、パソコンのディスプレーは隅々までハッキリと見えます。
    更に斜め視線で書類を見ても累進系レンズ特有の霞み感は少なく、机上であれば視線移動だけで全部見えるというのが実感でした。

    このレンズの改良ポイントは視野のワイド感だけではなく、奥行き感も選べるところもあります。
    近々と云うと、読書距離+パソコン画面程度というのが一般的でしたが、奥行きタイプの選択しだいでは対面距離程度までは十分に見えます。

    このブログでも度々紹介をしてきた「新世代中近両用(室内常用)」と比較もしてみました。
    どちらも手元視野は広いのですが、私の見え方比較は下写真のようになります。

    ソルテス視野

    新聞を見開きで見ています。(どれもかなりワイド視野ではあります)
    黒線が設計スペックの高い遠近両用です。
    ピンク線が室内常用です。オレンジ線がソルテスワイドです。
    ソルテスワイドでは、単焦点の老眼鏡に近いかもしれません。

    最終的な評価としては「使う場面によって最適レンズは違う」という感想でした。
    パソコンに専念している場面ではソルテスワイドです。
    でも、仕事でお客様に接したり、ちょっと先のテレビも見たい場合には室内常用になりました。
    一般にメガネ屋さんでは上写真のように手元だけ視野の比較でレンズの優劣を評価する傾向がありますが、それだとソルテスワイドの勝ちは決まりになると思います。
    でも「ちょっと先が見える便利さ」を考えると室内常用の方に軍配が上がります。
    結局は、どれだけ使う人の距離や生活スタイルにマッチさせるかが一番大切になると思います。



    緊急用メガネの新作登場

    0
       このブログでも以前にご紹介をしました緊急用メガネの新作が12月に発売されることになりました。
      展示会にて実際に試してみましたが、なかなかよく見えて便利さを感じました。

      緊急用メガネ

      これが依然にご紹介したタイプで2枚のレンズが稼働していろいろな度数を作り出す仕組みでした。
      今回の新作は下写真のようなものです。

      新アドレンズ

      左右にある丸い部分を回すとレンズの中に入っている液体が増減し、凸レンズ、凹レンズと様々な度数を作り出す仕組みになっています。
      -4.50D(中程度の近視)~+3.50D(強めの老眼又は遠視)への対応が可能となっています。
      価格は7,600円だそうです。
      緊急用としての用途は勿論ですが、液体の増減によって度数を変化させられるという仕組みは進化しだいで今までのメガネのあり方を変えていく可能性もありそうな気がします。

      ※ 前回も書きましたが、避難袋には必ず避難用メガネを入れておくことをお勧めします
        特に近視の方は必須アイテムになります。

      疲れ目検査に朗報な機械登場

      0
        パソコンやゲーム、大型テレビなど、 疲れ目で困っている方は拡大しているようです。
        疲れ目の原因はいろいろありますが(眼鏡職人倶楽部ホームページ参照)特にピント合わせ系を原因とするケースは多数あります。
        こんなピント合わせ系の疲労状況を簡単にチェックできる便利な機械が登場してきました。
        メガネ屋さんや眼科にいくとコンピューターで自動検査しますという機械がありますが、そこにピント合わせ系疲労の状況確認ができる機能がついたものです。

        調節機械自動屈折検査機(オートレフ)にピント合わせ疲労機能がついた新機種

        ピント合わせのことを「調節」といいますが、今までは調節の「量」を測定して問題の有無を判断していました。年齢の割に調節力が弱いのではないか…などです。
        今回の機械では、「少し近くを見た場合」「中程度の近くを見た場合」「ぐんと近くを見た場合」それぞれのストレス程度が色つきグラフでわかるようになっています。
        機械が自動的に調べてくれるので検査技量もたいして必要ありません。

        正常な調節テクノストレス

        左のグラフは正常な人の状態です。
        グラフ右側は調節負荷を加えているので多少のストレスはあっても許容範囲ということがわかります。
        右のグラフは「テクノストレス」がある人の状態です。
        グラフ右側では調節負荷が加わると強いストレスが出ていることがわかります。
        このような場合は、まずお医者さんに行って疲れ目治療をすることが第一になります。
        併せて、調節サポートレンズを使用したり、パソコン等の作業時間や環境改善をすることも大切になると言えます。

        この機械は、まだ出荷台数が少ないので高価ですが、多くの眼医者さんやメガネ店に導入されてくれば価格も下がるでしょうし、疲れ目をより掘り下げてサポートすることもできるのではないかと思います。


        レンズの歪みが簡単にわかる機械が出ました

        0
           先日、メガネの大きな展示会に行ってきました。
          いろいろと新しい機械や商品が出品されていましたが、その中の一つをご紹介します。
          レンズの歪み(ひずみ)がわかる機械です。
          フレームに枠入れ加工をする際に無理があったり、夏場の車に放置して熱によって表面コートが歪んでしまったり等が原因で発生します。
          昔はレンズがガラスでしたので、無理な加工をすると簡単に割れますので必ず歪み検査をしていましたが、最近ではプラスチックレンズですので結構ムリをしても枠入れ加工はできてしまいます。
          特にセル枠ではフレームを温めればレンズの削りサイズが不適切に大きくても見た目は普通に枠入れができてしまいます。
          しかし、掛けている方は当然歪んだレンズを通して見ているのでスッキリしない、掛けていると何か疲れるといった不具合が出てしまいます。
          このような歪みを簡単に見るのが下写真の機械となります。

          ●メガネをセットしたら歪みチェックの丸の色をみます。青色ならOKです

          歪みなし

          歪みあり

          ●下写真のようにオレンジ色や赤色の場合はNGです

          数年間使用しているレンズであればお取替えをお勧めします。
          最近のメガネ業界で問題なのは、購入直後なのに不適切な枠入れ加工で歪みが出てしまっている場合なんですよね…
          けっこう、多く出回っていますのでご注意ください。

          50歳からの遠近ライフ提案2

          0
            またまた暫くお休みをしてしまいました。
            50歳からの遠近ライフ提案を続けていきます。
            前回は、老眼度数別にお奨めする遠近両用レンズのスペック段階を整理してみました。
            今回は、ちょっと視点を変えた提案をしてみます。
            結論から言うと、「遠近両用メガネをベース」とした使い方から「室内常用メガネをベース」に転換する発想です。
            室内常用レンズについては、以前に書いていますのでよろしければご確認ください。
            少し復讐しますと…
            ●室内生活時間が増えている(80%)
            ●室内において、遠近両用の「遠」領域はあまり使用されない
            ●室内ではむしろ「中」領域の方が使われる
            ●つまり、室内生活重視であれば「中」「近」重視にした方が効果的である
            ●室内距離を快適にすれば80%の時間が快適になることになる

            新遠近使い分け

            上の図で言うと、真ん中が遠近両用でとなり、右側が室内常用ということになります。
            今回の提案は、次のような方に特にお奨めです。
            ●室内生活が長時間で、パソコンなどの作業をたくさんする方
            ●遠近両用を使用しているのだが、どうも満足が得られない方(特に室内距離において)
            ●遠近両用を試してみたが、不快感があって挫折してしまった方    など等

            更にもう少し付け加えれば左側のラインは遠方重視のタイプです。
            遠近両用の「近」を抑えることで、よりスッキリとした遠方視界が得られるものです。
            先ほどの室内常用でも中程度老眼までであれば、けっこう遠方も見えるのですが高度老眼に
            なってくると限界もあります。
            このような場合に遠方重視タイプを使うと、ドライブやゴルフが抜群に調子良くなります。

            [今の遠近両用に満足が出来ない方、挫折してしまった方へ]
            1・室内用とアウトドア用を分けて使うという新発想を是非お試しください
            2・遠近両用をベースにしている方でも室内作業が多い方は室内常用をお試しください
            3・ドライブやゴルフをされる方は、遠方重視タイプをお試しください

            50歳からの遠近ライフ提案1

            0
              50歳からの遠近ライフ提案です。
              なんで50歳なのかというと、老眼度数が中程度になり遠近両用の不快感が出やすいからです。
              これより前の世代であれば、老眼度数が弱いので比較的どのタイプでも違和感は少ないものです。

              [まずは基本的な遠近両用レンズを整理してみます]
              遠近両用基本分類
              赤矢印をまずご覧ください。
              遠近両用といっても設計レベルによって何段階かに分類できます。
              もうすでに一時代昔といえるものから、ここまで突き詰めるの?
              という超ハイスペックまであります。
              もちろん、設計ランクが上がる程お値段も高くなっていきます。

              参考程度に度数とお勧め設計ランクを独断で提案すると…

              ●50歳前の老眼加入度が1.50D以内であれば右図の量産型
               でもけっこう満足できると思います。
               よく遠近両用セットとして販売されているものですかね…
               ついでに言うと弱い老眼加入度の人がハイスペックなレンズを
               使用しても元々たいした不快感が出ないのであまり変わらない
               というのが本当のところです。

              ●50歳くらいになると老眼加入度が2.0Dを超えてくるので右図
               であれば、下から3ないし4番目クラスがお勧めです。
               もちろん量産型でも作れますが不快感は強くなってきます。
               下から3つ目は眼鏡職人倶楽部HPでも紹介していますが、
               例えば近視系、遠視系というタイプ毎に設計を修正している
               レンズのことです。これだけでも不快感抑制効果はかなり
               あります。
               更に4つ目になると最新の「内面設計」という技術を取り入れているので、より個々の度数に対し
                て不快感を抑える効果が高くなっています。

              ●55歳を超えると更に不快感が拡大しやすくなるので機能ランクアップがお勧めです
               老眼加入度数が2.50Dを超えてくるとかなり強い不快感が出やすくなります。
               人によっては購入したけど不快感が強くて掛けられない。結局タンスの肥やしという結果になりや
                すいレベルです。
               ここでは、セミオーダー設計がお勧めです。近視や遠視・乱視という屈折異常に加えて、老眼度数
               の強弱やフレーム形状等も総合的に勘案して作成ができます。

              ※ いずれにしても遠近両用は必ず不快感領域があるレンズです
              ※ 老眼加入度が強くなる程、不快感領域は拡大します
              ※ 老眼加入度が弱い段階からの使用が無理のないなれ方のコツにもなります。

              遠近ライフの総まとめシリーズなので何回かに分けて書いていきます。
              私事で恐縮ですが、北海道にしばらく行きますので次回は来週末くらい…?

              屋外用の遠近両用という発想

              0
                 少し前に「新発想! 室内常用メガネ」について書きました。
                今回は、まったく逆発想での「屋外用の遠近両用メガネ」についてです。
                特にドライブやゴルフなどのような完全な遠方距離がメインになるわけです。
                考え方としては室内用と逆で次のようになります。

                1・遠近両用の「近」は抑えてしまう
                2・これによって「遠」を中心にワイドな視界が得られる
                3・近方(老眼)を抑えることによって、遠近両用特有のユレ・ユガミも大幅に減らせる

                この条件を仮にゴルフに当てはめてみると…
                1・ゴルフ中はせいぜいスコアカード程度しか近くは見ないので不便は少ない
                2・遠方視界が広いので快適な見え方になる
                3・ショットの際の足元空間も老眼度数を抑えているので違和感は大幅に少なくなる


                高加入

                上は比較的老眼度数が強い方がそのまま作った遠近両用メガネのイメージです。
                側方に強めの乱視ユガミ領域がけっこう大きくあります。

                遠方重視

                下は老眼度数を抑えて、遠方重視設計にした場合のイメージです。
                不快感、ショットの邪魔になる強めの乱視ユガミは大幅に減ることになります。


                室内常用メガネも同様ですが、少し用途を絞ることで特定用途での快適さを追求しています。
                レンズ自体の設計も重要ですが、これらのレンズの持ち味をキチンと引き出すフレーム選定や
                加工、フィッティングも大切な要素になります。
                この辺りが眼鏡専門家だけが対応できる領域になると思います。
                何でもご相談ください。

                ちなみに商品名で言うと、私はセイコーのファンドライブ、パシュートEVというレンズとニコンのファーストステップ・アイというレンズをよく使っています。


                デジタルだけど割安な補聴器登場

                0
                  久しぶりに補聴器の話題です。
                  日本では高齢化社会の進展と共に補聴器需要も増えているようです。
                  でも、実際に補聴器を購入しようと思うと正直「高額なのにビックリした」という声もあります。
                  一台12万円、15万円が当たり前。品物によっては20万円を超えるものもあります。

                  こんな高額ラインナップが当たり前の補聴器に58,000円、88,000円という比較的廉価なシリーズが発売されました。
                  「コセルギ」という商品名で発売されました。
                  耳かけ式が58,000円、耳穴式が88,000円です。
                  同じコセルギシリーズでも1ランク上の108,000円というものもあります。

                  今までよりはお値頃価格での提供も可能になったものと喜んでいます。

                  コセルギロゴ


                  [よくある疑問/補聴器の値段の違いは何なの?]
                  例えば今回紹介をしているコセルギは58,000円。でも見た目は同じなのに240,000円という商品もあります。何が違うのか? という疑問は当然あると思います。
                  一言で言えば、基本機能の違い便利機能の違いということになります。
                  一例として「チャンネル数」というものを説明致します。

                  音には低音域から高音域までいろいろとあります。
                  低音から高音まで均一に聴こえが悪い場合は、全音域を一辺に上げればよいので1チャンネルでも
                  いけるかもしれません。
                  低音域は中程度の悪さ、中音域と高音域は高度の悪さとなると、2つの音域を別々に補正する必要が
                  出るので最低でも2チャンネルが必要となります。

                  チャンネル数が全てではありませんが、最も価格を決定付ける大きな要素の一つではあります。
                  58,000円と88,000円のシリーズは3チャンネルです。
                  108,000円の機種は5チャンネルとなります。
                  もっと高額な商品になると10チャンネル、15チャンネルと調整できる音域ポイントが増えます。
                  チャンネル数はたくさんあれば良いというわけではありませんが、自分の聴力タイプにはいくつの
                  調整ポイント(チャンネル)が必要かを相談して決めることが大切だと思います。

                  チャンネル数の必要性


                  遠近両用レンズのテストレンズは日本だけの文化?

                  0
                     先日、レンズメーカーさんの勉強会に参加して教えてもらった雑学です。
                    遠近両用メガネを検査して作成する際には、必ずいくつかのテストレンズを使用してお客様に試してもらっています。
                    これは日本であれば、どこのメガネ屋さんでも行っていることです。
                    ところが、この遠近両用メガネのテストレンズというのを使用しているのは日本だけだというお話でした。ビックリしました。
                    遠近両用メガネは普通のメガネと比べると違和感などを感じやすいので試し装用なしで大丈夫なんでしょうかね…
                    この辺りも日本ならではのきめ細かな対応ということになるのでしょうか。
                    遠近両用には、いろいろなタイプが出ています。
                    購入の際にはテストレンズで十分な試し装用をしてからお求めになることをお勧めします。

                    遠近テストレンズ


                    超音波洗浄機の使用には少し注意!

                    0
                      よくメガネ屋さんの店頭で見かける超音波洗浄機です。
                      セルフなので気楽くに使えて便利ではあります。

                      店頭洗浄台


                      でも、ちょっとご注意ください。
                      レンズ表面のコーティングに傷が付いていると超音波の振動によって傷口を広げてしまうためです。
                      理想を言えば、フレームからレンズを外して別々にメンテナンスをするべきです。
                      フレームでは、特に耳に掛ける部分が古くなっていると色褪せの原因にもなります。

                      ※ やはりセルフメンテナンスではなく、専門家のメガネ屋さんに頼んで磨くだけではなく、型直し
                        やネジのチェックまでしてもらうと安心ですよ


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      リンク

                      プロフィール

                      記事の検索

                      携帯サイト

                      qrcode