ひょうたんランプ

0

    桜ケ丘学習センターで「ひょうたんランプ」の展示が行われていました。

    小田急線南林間に在住の吉田さんの作品展です。

    照明を落とした室内に幻想的なランプの光がともります。

    ハローウィンとクリスマス以外は締まったままになっているとのこと

    クリスマスが終わったらメガネのアキの店頭に

    展示させていただくことを快く了解いただきました。

     

    人の心に無条件に染み入ってくるもの それは「ともしび」だと思います。
    クリスマスのイルミネーション・お盆の灯篭のともしび・京都の大文字焼

    国籍を問わず人々の心を癒します。

     

    そこで決めました。

    来年は、きゅうりでなくひょうたんを作ろう!

    ひょうたんの乾燥は大変な作業ですが

    穴あけのドリルはあるし、時間もある。

    来年の目標ができました。


    眼鏡店に転職の決意

    0

      眼科では2年間、視力検査はもちろん

      視野検査・コンタクトレンズのフィッティング・眼底写真の整理

      など、みっちり習得、人気眼科なので毎日残業です。

      眼科入職3ヶ月目、コンタクトレンズの研修で

      夫との出会いがありました。夫・26歳 私・20歳です。早すぎた!

      夫は小島眼鏡で鍛え上げられ、千葉の個人店の店長

      「おれは将来独立する、一緒になってくれ・・」

      あの頃の若い男性は元気がありました。

      すったもんだの末、地元の老舗眼鏡店に転職を決意

       

      デパートのメガネサロンに配属されました。

      まず、「いらっしゃいませ・ありがとうございます」が言えません。

      人に頭が下げられない・・自分でも驚いてしまいました。


      40年前の白内障手術

      0

        40年前、当時、4流短大を卒業した私は、

        学科試験なし面接だけ、という地方の眼科に就職しました。

        PMMA素材のコンタクトレンズの全盛期の時代です。

        その眼科は女医さんでしたが

        個人開業医では珍しい白内障の手術もする眼科でした。

        今でこそ「日帰り手術」は当たり前になってきましたが

        あの頃は、術後1週間の入院、左右の頭部を砂袋で固定し

        まかないさんも必要とするようなものでした。

         

        眼内レンズなんてありません。水晶体全摘です。

        術後は、コンタクトレンズを入れられる方はプラス13〜14コンマの

        コロコロしたレンズを装着

        それができない方は、プラス13〜14のレンチキュラーのメガネ、

        レンチキュラーなんていうレンズは今は価格表からも消えていますよね。

         

        いゃ〜、本当に時代が大きく変わりました。

        使い捨てのコンタクトレンズはもちろん無くて

        PMMA素材のハードは、うっかり入れたまま寝てしまうと

        翌朝は目が開かない、猛烈な角膜炎を起こして

        眼科に飛び込んでくる方が何人かいたのを覚えています。

        つづく

         


        サンマの干物がカニに変わった

        0

          たった2枚のサンマの干物が金沢のカニに変わりました!

           

          干物は2階のベランダに干すのですが

          庭を挟んだ向かいのお宅にはご迷惑がかかるかと思い

          毎回出来上がった干物を届けます。

          いつも、すごく美味しい・・と

          抱えてこられたのは真っ赤なカニです。

          まるで昔話のような出来事です。


          日曜日を定休日にした訳

          0

            地域の餅つき大会のように

            日曜日はいろいろなイベントが開催されます。

            開業して38年、地域に密着したメガネ屋でありながら

            そういうイベントにほとんど参加できませんでした。

             

            もうひとつ大きな訳は

            仕事をしながら3人の子育てをしてきましたけれど

            子供の日曜日の行事に家族で参加することがなかったのです。

            運動会ですら、お弁当持っていったのは母親の私だけ。

            子供たちがどんなにさみしかったかと思うと

            かなり、つらい気持ちになってしまいます。

             

            今、後継者の息子が30歳

            これから家庭を持って子育てをするとき

            子供の行事や地域の行事に触れ合うことができるよう

            思い切って日曜日を定休日にいたしました。

             

            今は、朝市・餅つき・さくら祭りなど

            地域の皆さんと気持ちを一つにして楽しんでいます。

             


            桜ケ丘自治会のもちつき

            0

              今年も早、師走

              うす曇りの空の下でもちつき大会です。

              もち米をふかす香りが、ほのぼのとした気持ちを呼んでくれます。

               


              桜ケ丘の第2回朝市

              0

                地元商店街を活気づけようと商工会桜ケ丘支部主催「朝市」が開催されました。

                前回は10時オープンで、11時には売り切れ続出、不満の声も多数ありました。

                今回は、品物が長く販売できるように各店が工夫を凝らしました。

                そのため、午後1時過ぎまで客足が絶えずに大盛況でした。


                メガネ屋のサンマの干物に感動

                0

                  朝、店に入ると、昨晩8時半ころ着信がありました。

                  調べてみると、昨日一式¥45000で購入して頂いたお客様でした。

                  決めたけど高すぎて・・・という電話か・・と連絡しましたが御留守でした。

                  今日夕方ご本人から連絡あり

                  サンマの干物がすごくおいしくて感動した・・・と、はずんだ声

                  すでに閉店している8時過ぎに思わず電話したくなるような感動だったのでしょう、

                  わたしが、目指しているのはこれです。

                  天日干しした干物はすこぶる旨みを増します。

                  これが本物の味

                  しかも、メガネ屋さんのサンマの干物、この意外性

                   

                  店でスーツを着てハイヒールを履いているアキさんが

                  さぞかしリッチなプライベートな時間を過ごしていると思いきや

                  エプロン姿でサンマの開きをさばいている。

                  この意外性、な〜んだ、普通のおばさんじゃん・・


                  メガネのアキ特製サンマの干物

                  0

                    あいまいな天候でしたが、今年も出来ました!

                    天日に干すとこんな、あめ色に干し上がります。これが旨みのもと

                    スーパーの干物とは全然違う味・本物の味です。

                    今年で3年目になりますが、お客様から絶賛していただいています。

                    干物もメガネも本物追求!

                    おかしなメガネ屋です。

                    調達していただいているスーパーの鮮魚売り場では

                    サンマのメガネ屋・杉本さん、で知れ渡っています。

                     


                    メガネのアキの小粋なお客様

                    0

                      フレームはラインアート1028BU

                      レンズはHOYAインディビジュアルレンズ

                      小笠原様 昭和17年生まれ 76歳

                      赤いキャップが決め手です。

                       

                      お見事に若々しく変身した小笠原さんは一人住まい

                      食材には大変気を使い、すべて手作り

                      1日2食が健康の秘訣だそうです。

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      リンク

                      プロフィール

                      記事の検索

                      携帯サイト

                      qrcode